スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
お葬式
おじの葬式で実家に帰っておりました。ので、更新が滞りました。

 

私は実は深夜勤務しておりまして、お葬式の前日も休みが取れず、仕事終わりが午前3時。

睡眠時間1時間でよれよれしながら午前7時過ぎの列車にのり、昼前に田舎につきました。

葬儀は午前10時からでしたのでおじとのお別れには間に合いませんでしたが、最後にお焼香だけあげさせてもらいました。親類が大勢集まって、お葬式としてはにぎやかに(?)おじを送ってあげられてよかったと思います。

田舎は北のほうにあり、海も近いので大阪よりずいぶん気温が低いのですが、それでも蒸し暑かったのです。夏の葬式というのは大雨か酷暑と決まったものらしいのですが、理屈っぽいおじを見送るのにふさわしい気候ではありました。

 

逝く人と 頑固を競う暑さかな(えくり)

 

さて、これからはちょっと不謹慎話。


おじ夫婦にも2人息子がおりまして、上の方が私より10も年上なのに未婚、つまり男負け犬なのであります。下のいとこのほうは、もう20年ぐらい前に結婚して今度大学受験の娘がいるので差は歴然です。

葬式のような親族の集まりでは、20代ぐらいですと「えくりちゃん大きいなったねえ、花嫁姿はいつ見せてくれんの?」なんて軽口ですみますが、私くらいになると、そうした質問は(酔っ払ったジジイを別にして)陰を潜めます。特に男負け犬を抱えるおじ一家と女負け犬を抱えるえくり一家の間では、そうした話題は一切タブー。私はこの緊張状態をひそかに「負け犬すくみ」と呼んでいます。

 私としてはこの緊張状態が続いているゆえに過度な攻撃は避けられている今日このごろ。いとことしても同じはずです。

もし先を越されたら、攻撃の対象は自分に向かってくるはずです。

互いに結婚しないよう牽制するべきでしょうか?それとも、風当たりを避けるために、いとこを犠牲にして「先制攻撃」するべきでしょうか?奥の手として、互いに攻撃を避けるためだけにいとこと結婚するべきでしょうか?

スポンサーサイト
【2006/07/18 00:01】 負け犬雑文 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<重力に逆らって | ホーム | キャッツトーク>>
comments
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://nekoschrodeinger.blog70.fc2.com/tb.php/23-daf3edd4
| ホーム |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。