スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
異世界に紛れ込み、同棲カップルの家に居候

 今日の夢は自分が主人公というよりドラマを見ているように第三者的な映像の夢でした。


  若い女性、ゆうこが、異次元から突然現れる。現れた先は元いた世界とそっくりだ。そこで、行くあてもない彼女は、古い木造住宅で同棲しているカップルのもとに転がり込む。茶髪の男性となかなか美人の女性である。その家はものすごくぼろく、立て付けも悪いのだが、なぜか男の方の母親も居候に来て大所帯になる。


 その世界では、異次元から一時的に人が移動してくるのは多々あることで、そのメカニズムも解明されているらしく、ゆうこが来てもあまり驚かれない。たとえばデジャブという現象も、一時的に異世界に行き、結果を見てからもとの世界に戻ったのと解釈されている、とカップルたちは話す。ゆうこは、異世界に来たというのは彼らの作り話で、本当は元の世界にいて、かつがれているだけなのではないかと思う。


 ある日、ゆうこがシャワーを浴びていると、ドアに茶色い髪がごっそりはさまっているのを発見する。シャワーの後に、聞くと、男の方がごろんと寝転がりながら、髪の毛が伸びてうるさかったので自分で切った、という。ゆうこは、男の髪をさわりながら、「美容院のはさみで切らないと、髪の断面が痛むのに」というと、男はふざけて「ゆうこちゃんに髪なでられるのは気持ちいいねえ」と言うが、本当は、彼ら二人のところに居候が増えたため、散髪代を節約しているのであった。

ちなみに私自身は、あまりドラマは見ません。


自分の人生というドラマを演じるのに必死だから・・・


というのは嘘です。

スポンサーサイト
【2007/01/15 20:57】 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<阪神大震災12年になりました。まじめなことをかきます | ホーム | 虚勢>>
comments
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://nekoschrodeinger.blog70.fc2.com/tb.php/107-70daafbf
| ホーム |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。