スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
方言

猫の飼い主さんアンケートなどで、「猫に話しかけるとき赤ちゃん語になる(おいちいでちゅかーとか)」という答えを見かけましたが、えくりの場合は「方言になる」です。


足の上ソファで寝そべる飼い主さんの足の上で寝るだだくさなしゅうちゃん。


だだくさ・・共通語だと横着?無精者?かな。たとえば重ね着しているセーターとばばシャツと下着を一緒にえいっと脱いだりすることを「だだくさ」といいます(我が家では)。同じ理屈で姪にも方言で話しかけます。


先日、友人たちが我が家に来たのですが、そのうち一人が一歳の男の子をつれてきていたのでした。そこで、姪と同じパターンで、彼にもさかんに「何もっとるが?」「かたい(かしこい)ねーー」と話しかけてしまい、きょとんとされてしまいました。

toriyasaiそして、その集まりでふるまったのがとり野菜(左はとり野菜用のみそ)。


とり野菜・・・石川県のソウルフード。鳥と野菜をみそで煮るというもので、まんまなネーミングです。特製みそは大阪には販売しておらず(たぶん)、故郷を離れて愕然とする石川人も多いはず。製造元「まつや」のHP


http://www.toriyasaimiso.jp/


でレシピを見ると、ひたすら鶏肉と白菜を炊くというシンプルな作り方が掲載されています。


でも関西人には「味が濃い」といまいち不評であった・・やはり関西は薄味なのねえ。

スポンサーサイト
【2007/01/09 12:17】 負け犬雑文 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<越前大野のまちづくり | ホーム | あけまして>>
comments
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://nekoschrodeinger.blog70.fc2.com/tb.php/102-9e94c046
| ホーム |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。