スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
三セク鉄道と、田舎にできた豪華施設

 ウチの実家は、もうとんでもない田舎です。大阪からだと悪くすると鉄道で4時間半かかります。それも、ゴンベさんが田んぼ耕して・・みたいな日本昔話みたいなほのぼのした田舎ではなく、寒風吹きすさぶ、演歌にでてくるような土地柄です。


 JRはウチの実家近くの駅どまりで、そこから先は第三セクターの小さい鉄道しか走っていません。今回の夢は、その三セク鉄道に関するものです。


 


 同僚がウチの実家のほうに旅行に来たいというので、私はその準備を兼ねて実家に帰っている。家族に、どこにつれていけばいいか相談するが、なぜか雨が降ると家のあちこちから雨漏りがして、一番ひどかった場所の近くにおいてあったストーブがひっくり返ってしまう。


 


 さて、同僚は都会の人ばかりだから、三セク鉄道に乗っけて田舎を見てもらおう、と思う。それで、私自身鉄道に乗って下見に出かける。


 客車はグレーで小さく、飾り気のない座席が並んでいる。ディーゼル車で引っ張って動かすのだが、客が多すぎると重みで先頭のディーゼル車が浮いてしまうので、ロバをつけて引かせ、バランスを取るという。


 

more…
スポンサーサイト
【2007/03/07 14:40】 | トラックバック(0) | コメント(3) |
| ホーム |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。