スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
禁断のテロリスト集団のこのこ会
今日から、今まで怠っていた、夢の内容を書きはじめることにしました。

まずはじめに、私が「これは変だ」と最初に思ったきっかけとなった夢です。

仮タイトルは禁断のテロリスト集団「のこのこ会」

 2005/11の夢です。


 

 私は小学校の教師関川(男性)である。

 私が住んでいる小さな町に災害(台風?)がやってきて、学校内に町全体が避難する。災害は長引いているらしい。避難している住民のため、各商店は、校内に仮の店舗を経営している。うどん屋、居酒屋、お好み焼き屋、雑貨屋などがある。時折、子供が悪さをして、もともと雑貨屋の店先にあったハンガーを動かしたりなどしている。

 お好み焼き屋には、小さな女の子がいる。私は(災害で学校が休みになり暇なので?)女の子に、でっち上げを教える。

私「のこのこって知ってる?」

女の子「知らない」

私「フランス語でこんな変な意味があるんだよ」。ちょっとエッチな意味を教えると、女の子は無邪気にきゃーと言って笑っている。

 その後、学校の教師の間に、お知らせが配られる。

 案件は「の□の□会について」。そして、その□について、「□の解は『こ』です」と書いてある。

 だったら、「のこのこ会」と書けばいいのに、と同僚にいうと、真っ青になって、「それを口にしてはいけない」とたしなめられる。

 私はそのとき、「のこのこ」という口からのでまかせを、お好み焼き屋の娘に教えたことを思い出すが、すでに時遅しで、女の子は友達に、鼻高々で「のこのこの意味、知ってる?」と言いふらしていたのだった。そのことは、あとで恐ろしい結果となる。

 実は「のこのこ会」と口に出すだけで、白いのれんのようなものに取り込まれてしまい、その表面にプリントされ、抜けられなくなってしまうのだ。

 (この間の経緯はわからない)

次のシーンで、学校の校庭に、巨大なテントが張られている。のこのこ会のメンバーと思しき男性が、ほかの男性を追い掛け回し、捕らえ、円筒状の爆弾を握らせる。

捕らえられたほうの男性は爆弾を手から離すが、どうも校庭には高低差があるらしく、爆弾はころころ転がっていく。もっとも低いと思われるところでとまり、大爆発を起こす。しかし、そこは大きなテントの端にあたっており、テントが防御幕となって爆発の威力をそぎ、校庭そのものはひどく焼け野原になってしまうが、学校に大きな被害はなく、幸いけが人もない。

 その後。

焼けてしまった校庭や学校を、教師たちがなんとか復興しようと作業している。教師たちが、教員室代わりに拠点としているバラックに、架設してある電話のベルがなる。

電話に、一人の女性教師が出る。「関川ですか?」と私の名を聞かれているようである。私だ、と思うが、女性教師は「そんな教師は奉職しておりません」と答える。(夢終わり)

 

 

・・・私である男性教諭関川っていったい誰?

テロリスト集団なのに「のこのこ会」っていうお気楽なネーミングは何?

今後も随時変な夢を更新していきたいと思っています。


スポンサーサイト
【2006/06/30 03:13】 | トラックバック(-) | コメント(-) |
| ホーム |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。